賃貸物件を購入検討するときに「新築」か「中古」をまずはご検討されるのではないかと思います

将来の年金補填や孫の学費狙い、相続税対策。
これ以外であれば費用効果の関係から「中古」を狙っていくことになるとなるのではないでしょうか?

「中古」を狙う場合の注意点を実例をまじえてこう紹介します。
  • なんでも言い放題
  • 地主様・家主様のための情報誌 購読無料で毎月お届け致します
  • 「売買・査定は成都地所」
  • 空き家相談員へのご相談はこちら
  • アパート個別相談会

関連記事

人気の記事