【土地活用】投資物件を建てるときに面積効率はどのように考えるべきか?

【土地活用】投資物件を建てるときに面積効率はどのように考えるべきか?

, , , , ,

DATE:2020/05/19
土地活用と聞くとアパートや貸家、テナントといった収益物件、運用資産を建てるという事が真っ先に浮かびます。

アパートを建てて賃料が入るようにすることで、今まで固定資産税や草刈り、除雪費などのお金が出ていくマイナス資産だったものをお金が入る資産にしようという考え方ですね。

土地活用を勉強されている方は面積効率を考えられる人も多いようです。

どういう事か?

「建てられる最大面積が決まっている。
家賃収入は家賃×部屋数
だから部屋数がたくさんとれるように面積効率をよくする=つまり最小の部屋をたくさんつくったアパートの方が利益を得ることができる。」
という考え方です。

実際はどうなのでしょうか?
  • なんでも言い放題
  • 地主様・家主様のための情報誌 購読無料で毎月お届け致します
  •                    
  • 簡単無料査定 不動産売却をお考えの方へ 青森・弘前の家を「カイトール」不動産売却ならおうち情報館にお任せ下さい
  • 空き家相談員へのご相談はこちら

関連記事

人気の記事